スロットマシン花火

はじめに よんでください

新着掲載情報

Newly updated my web pages with short comments, Prof. IkePedia

始 めの礎石CO*-DESIGN BOOK #03/Ike-Cyclopedia #03)[Professor Mitsuho IKEDA, Osaka University, in Chinese][Director of the CSCD, Mitzub'ixi Qu'q Ch'ij]ご指定されたページは存在しません」「ご指定されたページは存在しません(春日鹿曼荼羅)」(ソースコード付き
★げんちゃん(通常解説)」「★かねてつワイドモダン:壁A」「★かねてつワイドモダン:壁B」「★おこさま用」★やらな きゃならない (to do)リスト研究プロジェク ト:「掲載情報 - 2023.06.16」掲載情報-2022.09.25」「掲載情報-2022.03.11」「掲載情報 -2021.02.13」「私 の工房」「珍寶亭日乗」 「掲載情報--2016.07.18」「掲載情報--2018.06.16」「掲載情報 -2020.02.13
++
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Mitsuho IKEDA, or Mitzub'ixi Quq Chi'j, Professor Emerirtus of Osaka University
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
プエルトリコ人の言語とアイデンティティ」 「ヨー・ヨー・ボイン!」「ハリー・ベラフォンテ」「ディ-オ あるいはバナナボートソング
プエルトリコの音楽」「音楽人類学・民族音楽学」「ラテン・ヒップ・ポップ」「ラテントラップ」「サザン・ヒップホップ
アフリカ系プエルトリコ人」「プエルトリコの文化」「【非公式】プエルトリコの抵抗の音(リンクしません)」「プエルトリコの抵抗の音:ボンバ音楽がラ・ペルラのコミュニティをつなぐ
メキシコの壁画運動あるいは壁画主義」「モダニズム」「オスカー・ルイス
プエルトリコの博物館たち
************
感覚現象の理解:ポータルサイト
************
エルサレムのアイヒマン」「アーノルド・ファン・ジェネップ」「レギュラトリー・サイエンス
ダーウィニズム」「国際阿片条約」"Sociology of knowledge in Risk society"(リスク社会における知識社会学
ユーリー・ボリソヴィッチ・シムチェンコ」「ジーン・L・ブリッグス」「ロバート・I・レヴィ」「★★★感覚のエスノグラフィー:その方法論等の検討
ヘルス&クリニカル・コミュニケーション」「クニリカル・サイエンス・フォーラム(歴史史料)」「臨床コミュニケーション
「労働力の塊」の誤謬」「ジョージ・マクレランド・フォスター」「ロバート・レッドフィールド」「A.R. ラドクリフ=ブラウン
ルース・ブンゼル」「アブラハム・ヤコビ」「アメリカ国立人類学文書館」「ソル・タックス」「エルシー・クルーズ・パーソンズ
ニュルンベルク医師裁判」「情動の文化理論」「情動と感情の語彙集」「ウォルター・エドモンド・ロス」「クリフォード・ギアーツ
サムエル・ベケット」「仮説推論」「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」「ルドルフ・ヘス
シャリバリ」「いじめ・いぢめ(モッビング)」「ネットいじめ(サイバーブーリング)
アルフレッド・コート・ハッドン」「ジョセフ・グリーンバーグ」「ケンブリッジ大学トレス海峡探検隊
先住民の文化的再構成(あるいは先住民の文化的再構造化)」「政治的アイデンティティ」「政治的アイデンティティとしての先住民
人間の遺骨の返還と再埋葬」「イシ(ヤヒ先住民)」"Repatriation of human remains and burial materials"
ハームリダクション研究」「台湾全土でのハームリダクションの効果」「政治的動物あるいは「ポリスに生きる存在」
ハームリダクション 2.0としての「しきいを下げるプログラム」」「スティグマあるいは社会的スティグマ」「ホルバインの「大使たち」
感情史とは感情研究史のことなの?」「アブ=ルゴッド家の人びと」「社会哲学としての文化人類学
ルース・フルトン・ベネディクト」「カール・シュミット」「貧困の文化」「
哲学的実在論」「エドワード・サイード
想像された地誌」「ニグロの家族:国家行動のための事例研究」「ダニエル・パトリック・モイニハン」「犠牲者非難
失音楽症」「表現性の失語症」「エディプス・コンプレックス」「ブロニスロウ・カスパー・マリノフスキー」「異文化間コミュニケーション能力
鳥居龍蔵」「坪井正五 郎」「エロイーズとピーター・アベラーズ」「聴覚のチーズケーキとしての音楽」「ジョン・ブラッキング」「ブ ルーノ・ネットル
ショック・ドクトリン・テーゼ」「オクタビオ・パス 『孤独の迷路』読解」「ジャン=リュック・マリオン」「オクタビオ・パス 『孤独の迷路』読解
エリー・アーロン・コーエン」「ハンス・フライシュハッカー」「神は細部に宿る」「ジョセフ・アロイス・シュンペーター
倫理学」「ホモ・エルガスター」 「「人の進化」 Human Evolution」〈「ナチ優生学歴史研究辞典」あるいは「☆☆ナチ優生学データベース☆☆」〉
カール・クラウス」「アリストテレス」 「ジョン・スチュアート・ミル」「ジェレミー・ベンサム」「自 然法」「主観主義
ファッショナブルなセンスとナンセンス」「道徳的推論」「ジョ ナサン・ウォルフ『道徳哲学入門』の解剖」「自由意志」「エゴイズム
プロレタリア文化大革命」「指標性」(「ダイクシス」を含む)「モダニズム」「一般倫理原 則」「よい感情労働/悪い感情労働

リチャード・ドーキンス」「ヘレナ・クローニン」「哲学のなにが重要なのか?
レイプ」「2666」「功利主義」「バ イオエシックスの可能性」「リカルド・カスタニェーダ・パガニーニ
日本におけるキリスト教布教と西洋音楽の導入に ついて」「フランシスコ・ザビエル

"Los Libros de Gilberto Dimenstein, 1956-2020" 「合理性」「理性」「雅歌」「ピーター・シンガー
エボ・モラーレス政権期(2006年〜2019年)」「万人の万人に対する闘争」「解毒剤
ボリビアの歴史」「ボリビアの歴史(1920年〜1964年)」「ボリビア国民革命、1952年」「ボリビアの歴史(1964年〜1982年)」「ボリビアの歴史(1982年〜現在)
ミサ曲」「進化音楽学」「土地と所有について」「フルビネクのこと」「ヘーゲルの美学
操り人形と小人」「精神は[頭蓋]骨である/精神 は骨である」「15年戦争史観」「内田光子の身体技法」「マルセル・モースの身体技法
ネーション」「トレント公会 議」「マルチン・ルター」「ルターの音楽上の業績」「コンラッドとマリノフスキー」「ふたつの『沈黙』(1966-2016)
ベルリン民族学博物館」「エトノロギー」「セシル・ヘルマン 『ヘルマン医療人類学』」「日本民族という時の〈ミンゾク〉とはだれか?
メランコリア I」「犬とメランコリー」「文化生産のエンジンとしての〈自然〉」「ディオゴ・デ・カルバーリョ
記憶と感情」「★パブリック・エネミー★」「ジェンダー・アイデンティティ
皆川達夫の研究」「ミラーニューロンと模倣の能力」「サイボーグ」「雑多なサイ ボーグ」「三体
日本民俗学」「人種差別」「ヨハン・ゴットフリート・ヘルダー」「民俗音楽・フォークミュージック
歌うネアンデルタールとスティヴン・ ミズン」「ジェームズ・ブラウン」「素朴な反帝国主義運動」「ジャネル・モナ イ」「女性とファンク・ミュージック
クェンティン・スキナー」「コリン・ タンブール」「ライフデザイン」「やりたいことを《見える化》する方法
ジョン・ガブリエル・ステッドマン」「フーコー『性の歴史』読解入門」「生権力」「ナチ・ジェノサイドを学ぶ 人のために
ウィリアム・ブレイク」「白人種は自らの足で自立できない、あるいはジョン・ガブリエル・ステッドマンの冒 険
ヨブ記」「ジジェ ク派無神論」「カルメンのエチカ(倫理学)」「白人種は自らの足で自立できない」「ポール・ヴァレリー
エルネスト・ルナンのレイシズム」「人種」「恐怖と快楽」「ジジェクの「サイバースペース、あるいはリアルの仮想性」ノート
異文化を受け入れるとき」「嗅覚論」「シュルレアリスム」 「☆☆ナチ優生学歴史研究データベース☆☆」を復活
トラテロルコの虐殺」「ヒトラー『我が闘争』の分析」「青山道夫・河村只雄・増田福太郎」「フルビネクのこと
ホッブス・デカルト・スピノザ」「フーゴ・グローティウス」「アル ミウス主義(Jacobus Arminiusの情報を含む)
兵站(へいたん)」「リヴァイアサンと「狭い回廊」仮説」「リヴァイアサン(1651)」「トーマス・ホッブス
ロジスティクスまたは物流」「ブーランヴィリエ伯爵夫人」「地下の民
政治的判断力」「アイヌとシサムための文化復権史と文化略奪史入門」「クロード・レヴィ=ストロース
ベトナム戦争」「マット・カートミル「人類学の再創造」1994年講演」 「カント『純粋理性批判』ノート」「『実践理性批判』ノート」「『判断力批判』ノート
フリードリヒ・ニーチェ」「琉球先住民の再想像」「ウィリアム・ジェームズ」「エマーソンと奴隷制
商業活動における異質性経済活動におけるメタボリズム︎▶経済における時間分割︎︎▶富の価値︎▶貨幣の神格化︎︎▶対象化された労働︎▶︎︎機械装置と資本時間と主体︎▶︎」
シオニズム入門」「アンチ・アン チ・オ イディプスあるいは1968年五月革命入門」「使徒パウロの回心に ついて(新版)」
『存在と時間』ノート」「レス・エクステンサ」「レス・コギタンス」「恐怖条件づけはいかにして倫理的に正当化されるか
ティマイオス」「アンリ・ベルクソン」「エルンスト・カントロヴィッチ」「社会は防衛しなければならない
ルイ・アルチュセール」「ガーヴェイ:人種の改良と改良者たち(1923)」「しんや君との対話」「ポーリン・ボーティ
音楽におけるオリエンタリズム」「ユダ・レオン・マグナス」「認知言語学」「生成文法」「エ ルヴィン・ギードー・コルベンハイヤー
カント『実践理性批判』ノート」「カルチュラルスタディーズ」「エリック・ドルフィー」「ロ バート・ラッハマン」「バルカン・ビート・ボックス
パレーシア」「病気を経 験すること・病気を語ること」「アラン・メリアム」「★アートと音楽の新着掲載情報
北米のフォーク・ミュージック・アンソロジー」 「
ジョン・ケージ」「テオドール・アドルノ」「シ ン・フジヤマ
「芸術のための芸術」批判」「ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」」「機能主義」「細川周平『レコードの美学』研究ノート
インディアナ・ジョーンズ・タカオ」「資本主義と奴隷制」「Nazi Mode Collection in 28 June, 1940」 「政治の美学化
エティックとエミック(イーミック)」「秋山龍英「民族音楽学とはどんな学問か」ノート」「★ハリー・スミス☆
セックスワーク・性労働・売春」「デュルケームの宗教に関する5つのテーゼ」「レメディオス・ヴァロ(あるいはバロ)
デュルケームの宗教に関する5つのテーゼ」と「デュルケーム 「宗教生活の基本形態」ノート
1960年代中頃におけるアイヌ人墓地への日本人の盗骨」 「バナナと日本人」「シスとトランス(マイクロアグレッションを含む)
大東亜共栄圏」「渋沢敬三」「エスノグラフィーを書く/文化を書く」「古野清人」「日本はどの程度、近代国家なのか?」
ニーチェと音楽」「サイバーパンク倫理学」「可能世界論」「実存主義」「美とは感覚に快楽をもたらす対象である
芸術の終わり」「アーサー・ ダントー」「音楽と感情」「音楽美学批判」「ヘーゲルと音楽」「フェイクな人工知能の言説について
プライマリー・ヘルス・ケア(ユニヴァーサル・ヘルス・ケアを含む)」内海成治先生、ご逝去の報にて「私の青年海外協力隊体験」を先生に捧げる
民族研究所と総力戦」「国立民族学博物館批判」「秘密集会タントラ(グヒャサマーヤ・タントラ)
ヘレロおよびナマ虐殺」「真実委員会」「コロポックル あるい はコロボックル論争について」「奴隷の哲学」「文化的帰属
セリア・ヌタール」「ロバート・サポルスキー」「シャー マニズム・シャーマン」(授業:シャーマニズム入門
ゾンビ・イン・フィロソフィー」「観念論」〈対〉「唯物論」「★ナチ研 究データベース:亡命サイト(絶対番地)」「☆ナチ研究データ ベース:亡命サイト(相対番地)
1970年以降のジェンダーとセクシュアリティ理解の歴史的 展開」「感情・情動」と「感覚」「ラカンの用語の解説」「ラザロという物乞いについて

奴隷の哲学」「主人と奴隷の関係」「奴隷とは、なにか?」「奴 隷(どれい)

人身売買問題への解法の技法」「古代ローマの奴隷制から考える外国人労働問題

J・ロバート・オッペンハイマー」「犬について知ろう」「存在論的死とリア充の死」「ソブレビベンシア」「主人と奴隷の関係
オーストラリア政府による先住民への謝罪と和解の動き」「同調圧力とはなにか?」「プ ラスティリーナ・モッシュ」「エクトル・ラボエ
精神は[頭蓋]骨である」「〈病む〉ことの文化人類学」「県民性:フォークサイエンス」「ケクチ語文法
ジュディス・バトラー頌歌」「ジャッキー羅漢(ジャッ ク・ラカン)」「スラヴォイ・ジジェク」「〈癒し〉の文化人類学
ランダム化比較試験」「石井部隊とランダム化比較試験」「文 化人類学におけるフィールドへの旅立ちについて
写真からの人々の「性格」を分析できるのか?」「「人種」と知性をめぐる論争史」「知 能指数(IQ)」「S・J・グールド『人間の測りまちがい』について
サン・ラ」「奴隷として のレプリカント☆」「まくとぅ,そーけー,なんくるないさー」「分析道具としての写真
フロイトの夢判断」「ボアズと人種主義」「人種主義 をめぐるポータル」「人種主義と戦う科学雑誌『ネイチャー』
オプス・デイ」「第二バチカン公会議」「毛沢東主義入門」「アムロの肖像」「キングピ ン法」「夢解釈
虚構観光」「ポストモダン音楽なんて、たいしたことないよ」「カントの定言命法」「夕餐 (Pablo Picasso, 1901)
ポストモダンなんか、たいしたことない」「目的論(テレオロジー)」「構造主義なん て、たいしたことではない
音楽・身体・芸術」"A Journey through the Ethics of Repatriation of Remains" 「ポストモダニズム」「遺骨返還の倫理をめぐる旅(英訳)
ジェラルド・ライヘル・ドルマトフ」「芸術の終わり」(アーサー・ダン トーと芸術の終わり)「アンドレ・マルローの芸術
ヴィヴィアン・マイヤー」「ミュージコフィリア」「パルマコン」 「クレズマー音楽
科研費をどのようにしてゲットするか?!」「オットー・ワイニンガー(ヴァイニンガー)」「社畜とパーキンソンの法則
だって俺たち犬儒派なんだもん」「プラグマティズム」←[プ ラグマティズム写真館]「アドルフ・ヨーゼフ・ランツ
★キングヘロイン★」 「
★フランシス・ベーコン★」「パーキンソンの法則」[OSO18, the King of Red Bear]
衒示的消費」「余 暇社会とエコツーリズム」「エマ・ゴールドマン・ジ・アナキスト」「ゾラ・ニール・ハーストン(1891-1960)
葛野次郎さん福島原発冷却水の海洋投棄に抗議してカムイノミを敢行!!!」 「ディアスポラ・スタディーズ
シェリー・タークルの処方箋は本当の解決策になるのか?」「
ヌエバ・カンシオン」「アルゼンチンにおけるユダヤ人の音楽文化
世界音楽化」「遠隔地ナショナリズム」「サ イバーエスノグラフィー(サイト内リンク)」「サイバーエスノグラフィー
 「
(ミラー)ジェンダーとセックスの政治人類学」→「ジェンダーとセックスの政治人類学」「新自由主義
フィリピン革命」「アメリカ合州國は人種差別国家か?」「眼鏡(めがね)としての文化」「芸術の終わり」「リミックスカル チャー
ジュディス・バトラー『ジェンダー・トラブル』の読書ノート」 「文化体系としての芸術」「スラヴォイ・ジジェク

福音主義(evangelical)」「音楽の文化研究」「文化戦争」「ヒッ プホップの社会的課題」「メヒコにおけるラップ
古典的民族誌の基礎読解」「ミルマン・パリーとホメロス」「ザイゴニック理論、あるいは、接合理論
〈魂の錬金術〉の修辞法について」「芸術人類学入門」「芸術人類学」「エスノポエティックス」「ア ンチ・ツーリズム(反観光)

スーザン・ソンタグ「様式=スタイルについて」ノート」「クトゥルセン時代の人類学」「ヘン リー・スペンサー・ムーア
制度的人種主義・体系的人種主義【詳細解説編】」「アメリカ合衆国における制度的人種主義」「★ウォール街を占拠せよ(OWS)★
分類の科学、あるいはタクソノミーの世界」「生物学の新しい世紀」「哲学的懐疑論」「懐疑主義」「ローベル・エルツ」 「フェルナンド・ボテロ
「掲載情報 - 2023.06.16」][2022年9月25日までの新着掲載情報] [掲載情報 -2021.02.13][掲載情報 -2020.02.13][掲載情報--2018.06.16


IkePedia

Copyleft, CC, Mitzub'ixi Quq Chi'j, 1996-2099
Remind Wittgenstein's phrase, "I should not like my writing to spare other people the trouble of thinking. But, if possible, to stimulate someone to thoughts of his own," - Ludwig Wittgenstein